文字サイズ:

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

メニュー

トップページ > 施設概要 > スクリーン工房

スクリーン工房

ハガキ・ポスターからTシャツ、各種グッズ、アート作品制作まで

スクリーンプリントって自由自在、いろいろできる!

スクリーン印刷は、四角い枠に紗(スクリーン)を張り、これを版に用います。インクの盛り上がりや鮮明な仕上がりが特徴で、紙や布のほか、ガラスや金属・プラスチック板にも印刷ができ、染色の「捺染」にも使われます。手ぬぐいや色紙・はがき、ポスター・カレンダー、Tシャツなどはもちろん、さまざまなグッズや本格的なアート作品の制作にも対応。紗張りから描画・製版・印刷まですべての行程が可能。描いた絵がすぐプリントできます。

スクリーン工房体験料金表(PDF)
Tシャツを制作する場合の価格の目安(PDF)

■定員:15名
■設備:焼付け製版機、乾燥機、吸着刷台など

主な備品
スクリーンテンショナー(最大B1まで) 1 大型吸着刷台(80×100cm) 1
製版用乾燥機(最大120×160cmまで) 1 手刷式印刷台(56×77cm) 6
版焼付プリンタ(最大B1まで) 1 Tシャツプリンタ 1

旧宮下家

医王山山麓、栃尾町にあった農家で当初の建築は大正9年(1920年)。加賀・能登地方に多く見られる妻入りの「あずまだち」建築です。外観は山村農家の原型をよく留めたものとなっていて、土間に深く掘り込まれた「ウマヤ」には人馬同居の山村生活が偲ばれます。平成16年、国の登録有形文化財に指定されました。

  • 創作の森ジャーナル

ページトップへ

〒920-1135 石川県金沢市北袋町ヱ36番地 TEL:076-235-1116